放課後日記

日記といふものを。

『ひだまりスケッチ』アニメ第2話に歌詞をつけてみた! 「ニッポンの夏」感想

夏、表札、祭り。
笑いあり、涙なしの宮子回。

ひだまりスケッチ 第2話「ニッポンの夏」!

【あらすじ】

8月21日、午前6時00分、ひだまり荘201号室。

暑そうなテディベア。
1話と違い、朝のシーンはセクシー。
演出家の違いか。

ラジオ体操っぽいメロディ。
外し方が絶妙。もう少し寄せてもセーフな気はする。
最初のBGMは「ドミソシソー」(KeyF)と、琉球音階(ドミファソシ)を使った沖縄っぽいサウンド。

宮子の部屋に集合し、ひだまり荘の表札作り。
血だまり荘」の言い伝え、「おだまり荘」のギャグで涼む彼女たち。

2話のまとめ。
夏休み→表札作り→家賃が最も安い宮子の部屋→吉野屋先生の犯行→フローリングの下に畳→202号室(宮子)の化学的な危険性→ミニ浴衣→祭り→ヨーヨー・トレード→花火の音→かき氷の音。

好きな1枚↓

f:id:masatomy49:20170923195954p:plain

【感想】

1話は1月だったが、2話は8月。
進んだのかと思いきや、戻っている。
斬新。スタッフも思いっきりやりやすいのだろうか。

「表札」が「表礼」となっていた。目を引くトリック?

吉野屋先生が真夏にコート1枚を羽織り、生徒の前でオープン。
犯行動機は「買った水着を見せたかったから」。

今回は、笑いモリモリ回
大家さん「お金が無くても、夢を追っている子に部屋を貸したい。」
リフォームできなかった202号室に、格安で入居した宮子。

畳の上に乾燥剤、上にフローリング・シートという、懐かしい昭和仕様が発覚。

「浮かび上がった問題点
①部屋が雨漏りする。
②乾燥剤は塗れると発火する。
①+②+畳=??

宮子の部屋の危険性が描かれたが、ひだまり荘が集合住宅であることを忘れてはならない。「火だるま荘」伝説で涼む日が来ないことを願う。

ひだまりスケッチ 第2話を作詞してみた!

どうか暖かい目で。

『Chemical Summer』

(※拍を細かくとるラップ)
暑い夏 いつもどおりに鳴る時計
いつもと違う 今日は夏休み

オキニのクマ おあいにくsummer
キミはここで留守番 今日は夏休み

(※拍をゆったり取り、メロディに乗せて)
吹き込む熱 揺れる空
踏み出し 噴出し 早く伝えなくちゃ

鳴らしたベル 揺れる my mind
202(two o two) chemistry 

riskと共に 生きる覚悟はある?

(※サビ)
君の隣 開けてびっくり
涙を流しちゃ ダメ命取り

君の隣 聞いてびっくり
そこに潜む罠 知らぬが仏

君の隣 触れてびっくり
思ってたカタさが 無いあたり

君と2人 夢見る光
それでも僕ら この場所で


イメージ:ミドルテンポのヒップホップ。サビを最初に入れるのもあり。
自己評価:サビから作ったが、韻もそこそこに、それぞれ2行目の歌詞の違いで、グルーヴ(シンコペ含むアクセント)が変化。フロウ?が気持ちい。詞の内容はともかく、リズムに満足。

ありがとうございました。